ワーキングホリデー

working.jpg働きながら留学する方法、二国間の協定に基づいて、青年(18 歳~25歳または30歳)がワーキング・ホリデー査証(ビザ)により、現地で働きながら休暇を楽しむ制度。

協定先の国により、滞在日数や渡航可能年齢が異なります。また原則で国ごとに1回しか利用できない。

協定を結んでいるのは、オーストラリア/ニュージーランド/カナダ/大韓民国/フランス/ドイツ/イギリス/アイルランド/デンマーク/シンガポールです。